テクノ県、静岡よりキャリア20年のプロデューサー”テクノの暴君”

MASTER MASTERが6作目となるフルアルバムをリリース。

KEN ISHII、FRANK MULLER a.k.a. BEROSIMAがリコメンド。


MASTER MASTER 6th album
'Square 6'

1/22  2020  out

formats : CD, digital, streaming

                                                                        from hyper master recorders

キャリア20年、"テクノの暴君" MASTER MASTERが放つ6作目。地下から大気圏外へ、宇宙から体内へ。テクノ総攻撃、破壊的創造。
その64分間、キミは何を観て何を感じるのか?

KEN ISHII

静岡県在住らしい Master Master 氏、国内では誰もが知るアーティストではないのかもしれないが、その活発でインターナショナルなリリース活動を見れば、世界中にファンベースを持つテクノアーティストだということが分かる。

このアルバムを通して聴くことのできる、彼のトレードマークとも言えるリニアなシーケンス・パターンを基調とするグルーヴに、ボクはEBM (Electronic Body Music) 的なヘビーさをテクノにコンバートしたかのような印象を受ける。

いつもうなぎパイを差し入れしてくれるお茶目さとは正反対の(笑)。

FRANK MULLER a.k.a. BEROSHIMA


"ジャパニーズ・テクノ・ニンジャ"

私の本来のスタイルとは違うけど良いアルバム。トラック3,7は私のプレイ・セットに入るだろう。確実にサポートする。

MASTER MASTER

(MULLER RECORDS / hyper master recorders)

「静岡のマンチェスター、もしくはデトロイト」こと富士市が吐き出したテクノの暴君。
アッパー+Rockin'なテクノ、ブレイクス、エレクトロなどを得意とするトラック・メイカー。
hyper master recorders主宰。
90年代半ばよりトラックの製作を開始。2000年よりMASTER MASTERとして活動を開始。
静岡に在住するも県内だけでなく都内のライブハウス、クラブを中心に展開、
アグレッシブなライブ・パフォーマンスは多くのクラウドをロックする。
スウェーデンのラジオ局『BMU91.6Hz』にてMASTER MASTERのトラックが好評ON AIR。
現在までに自身のレーベルからフルアルバム4枚リリースするほか
KO KIMURAが主宰するFUTIC RECORDINGS TOKYOはじめ国内外のレーベルからもリリースを重ねる。
ライブストリーミングのサイトDOMMUNEでもプレイ、大きなインパクトを与えた。
フランク・ムラーが主宰するベルリンの名門テクノ・レーベル Muller Recordsより5枚目となるアルバムをリリース、ドイツのダウンロードサイトWhatpeopleplayで6位にランクイン。
他シングル、リミックスで参加したタイトルは1位を獲得、Beatport等のチャートにもランクイン。
来年には6枚目となるフルアルバムがリリースされる。
今年はヴァイナルも3枚リリース、ロンドンの名門BUSH RECORDSからもリリース。
https://master-master3.webnode.jp/


                                     インタビュー等 取材のお申し込み、アーティスト、商品に関するお問い合わせ

album release party

drumscum
MASTER MASTER 'Square 6'
release party

@dazzbar Shizuoka

01.11 (Sat.)

21:00 2000yen(1d)
Guest DJ:
YUKIMASA
(FORCE / Paradigma)
Live:
MASTER MASTER
(MULLER RECORDS / h.m.r.)
S.O.N.( TeFuTe )
DJs:
DJ SHIGe( Hi-hat / anagla )
Chang ( SIN-ON / WALLS )
KANA (EXE -hamamatsu- )